From M.S.

あれは私が高3の受験シーズン真っただ中、保苅さんは大学2年のときのことです。私は大学受験の滑りどめで受けた、ある私立大学に不合格となりました。教師や親に、どうしたんだ!と責められ、行き場をなくした私は保苅さんに電話しました。

「S女子大落ちちゃったんです。。。」すると、保苅さんは驚いた風もなく、「で、どうするの?」といいました。「え?」慰めでも激励でもなく、「どうするの?」という質問が返ってくるとは思いもせず、動揺しました。「で、どうするの?S女行きたかったの?第一志望はそこじゃないでしょ?」「うん。」「そう、第一志望までまだ日があるんだから、それ目指して頑張ればいいだけじゃん。」

目の前がパッと明るくなりました。そうだった。変に慰めたり叱咤する周りの大人たちに惑わされ、自分が何を目標にしているのか見失いかけていた私に、保苅さんは、今何が必要なのかを考えさせてくれました。

結果は、なんとか第一志望に合格。要は自分、という、保苅さんのスタンスを私の中で確固たるものにした出来事でした。

Leave a Reply