Archive for the ‘5. Hitotsubashi Univ.’ Category

From 佐藤睦朗(2)

Friday, October 8th, 2010

私が保苅実君と最初に出会ったのは、1992年4月上旬のことでした。当時私は大学4年生、彼は3年生でした。藤田ゼミの選考日であったその日、スーツ姿で緊張した3年生が藤田研究室の前でゼミ面接を待っているなか、一人定刻から少し遅れて普段着の男性がふらりと現われ、笑顔で一言、「ここ藤田ゼミの面接場所ですよね!」。それが保苅君でした。私の場合、最初に会った状況を覚えていることは稀なのですが、この保苅君との最初の出会いは、18年も経過した今でも鮮明に記憶しています。その時の屈託のない笑顔も。

保苅君の笑顔といえば、もう一つ忘れられないシーンがあります。1996年1月、私は博士課程一年、彼は修士課程二年で、修士論文を提出した直後でした。藤田ゼミ(大学院)で修士論文の概要(後に『歴史学研究』に掲載された論文は、この修士論文が基になっています)を報告した際に、彼が伝統的な歴史学の手法で修論をまとめたものの、それを超えた何かを模索しているように感じられました。その模索の方向性が、清水透先生のご研究と似ているかもしれないと思いました。私は大学4年生の時に、清水先生の講義を拝聴して、大変感銘を受けていました(保苅君は、学部生時代に清水先生の講義を受ける機会を逃していました)。そこで清水先生のご著書である『エル・チチョンの怒り―メキシコにおける近代とアイデンティティ』―』(東京大学出版会、1988年)を、ゼミ終了後に大学院生の研究棟に戻ってから、保苅君に貸してあげました。すると翌日、彼は (大学院生共同の)研究室を訪ねてきて、「一気に読みました。この本、僕も買います。僕が目指す研究方向ですよ」と言いながら返却しに来てくれました。その時の嬉しそうな笑顔を、私は今でも忘れずに覚えています。

その後はお互いが海外留学をしたこともあって、少しずつ接点が少なくなっていきました。それでも、保苅君は定期的にメールを送ってきてくれました。そこからは、いつも笑顔が絶えない感じでした。今、私の研究室の机には、笑顔の保苅君の写真があります。あの時の笑顔が、ここにあります。

From 清野桂子

Friday, August 20th, 2010

まず最初に覚えているのは、晴れて新潟高校に入学した初日のことでした。担任の宮田先生が、「この中で在校生か卒業生に兄弟姉妹がいる者!」と手を上げさせました。私も2才上の姉が在学しておりましたので挙手しましたが、保苅くんも手を上げました。宮田先生が「あの保苅の弟か。ふんふん」と意味深なうなずきと笑みを浮かべたのをよく覚えています。保苅くんは「その笑顔はどういう意味ですか!」というようなことを笑いながら言ったと思います。最初から先生と物怖じせずに話せるというだけで、私には驚きでした。他にも何人か挙手した生徒はいたのですが、宮田先生が強く反応したのは保苅くんだけだったように思います。

彼は最初からとても目立っていて、新潟高校にはすごい人がいる!と15歳ながらに感じ、その後もずっと、あこがれと尊敬と不思議さが入り混じったような感情で保苅くんを見ていました。

まだ1学期だったと思いますが、休み時間に何かちょっとしたことで保苅くんと話す機会がありました。話の内容は残念ながら忘れてしまいましたが、私が何か一言言ったのを1とすれば、保苅くんの返答は10くらいあり、論理的でありながら私の全く予想のつかない見地からの意見を軽く返されて、心の中で「この人と言い合っても絶対に勝てない」と強く思ったのを覚えています。

保苅くんを再び目にしたのは、大学時代の就職活動の頃です。「リクルート」という就職活動をする大学生向けの雑誌に、保苅くんが載っていました。こんな学生もいる、といった「フロントランナー」的な扱いで、あいかわらず保苅くんはとんがってるなぁ、と感じると同時に、やっぱり新潟ですごいだけではなく、東京でもすごい奴だったんだ、将来絶対に大物になるに違いないという思いも新たにしました。

From 佐藤睦朗(語る会)

Friday, May 28th, 2010

保苅君が亡くなったという連絡が入った数日間は呆然として仕事に全く集中できない状態でした。貴方と同じようにお酒がほとんど飲めない私が、アルコールを飲まないと眠ることができない日々が続きました。ですが「一分、一秒でも大切に」という貴方の最後のメッセージを読んで、貴方の分まで頑張らなくては、と思い直しました。今回の語る会では、微力ながら会場の整備に全力を尽くします。

保苅君が一時帰国した際に、国立で昼間から大騒ぎをしたことを今でもよく覚えています。残念ながら私が直接保苅君とお話ができたのは、それが最後となってしまいました。まだまだ多くのことを語り合いたかったのですが。オーストラリアのこと、スウェーデンのこと、研究のこと歴史学のこと等々。残念ですが、それはかなわぬ夢となってしまいました。

でも、貴方の本が出版されることから、そこから貴方と対話をすることができるような気がします。本当にすばらしい業績をあげましたね。何度も拝読して勉強します。

本当におつかれさまでした。今は安らかにお休みになってください。わたしたちは決して貴方のことを忘れません。病気と闘いながらも、常に前に向かって走り続けた貴方は本当に立派です。学部・院生時代となぜか私は保苅君より一学年年上ということで先輩なるものでしたが、人生においては間違いなく貴方のほうが先輩です。

(一橋大学、大学院時代藤田ゼミ)

From 野上元(2)

Saturday, May 15th, 2010

1992年度一橋大学経済学部・藤田幸一郎ゼミ(学部3年次)で輪読した文献のリスト(思い出せる限りで・・・)

マリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』
カール・ポランニー『大転換』
ウォーラスティン『史的システムとしての資本主義』
エリアーデ『聖と俗』
マーシャル・サーリンズ『石器時代の経済学』
ニコラス・ジョージェスク=レーゲン『経済学の神話』
イリイチ『シャドウ・ワーク』

(一部4年次で読んだのが入っているかもしれません)
どれも印象的な本ばかりでした。今から考えてもこれらはすごいセレクションで、これを3年次で次々と読んでいくというのは、極めて贅沢な環境だったといえると思います。上記のどの本を手にとっても、「彼」を感じることができるのではないでしょうか。

From M.S.

Monday, May 10th, 2010

あれは私が高3の受験シーズン真っただ中、保苅さんは大学2年のときのことです。私は大学受験の滑りどめで受けた、ある私立大学に不合格となりました。教師や親に、どうしたんだ!と責められ、行き場をなくした私は保苅さんに電話しました。

「S女子大落ちちゃったんです。。。」すると、保苅さんは驚いた風もなく、「で、どうするの?」といいました。「え?」慰めでも激励でもなく、「どうするの?」という質問が返ってくるとは思いもせず、動揺しました。「で、どうするの?S女行きたかったの?第一志望はそこじゃないでしょ?」「うん。」「そう、第一志望までまだ日があるんだから、それ目指して頑張ればいいだけじゃん。」

目の前がパッと明るくなりました。そうだった。変に慰めたり叱咤する周りの大人たちに惑わされ、自分が何を目標にしているのか見失いかけていた私に、保苅さんは、今何が必要なのかを考えさせてくれました。

結果は、なんとか第一志望に合格。要は自分、という、保苅さんのスタンスを私の中で確固たるものにした出来事でした。

From 野上元

Monday, May 10th, 2010

「今日はコピーデー。朝から晩までコピーをとる日」といって、大学のコピーセンターに本を積み上げて、コピーをとっていました。で、それがめんどくさそうかと思うと、そうでもなく上機嫌に見えるのです。ヘッドフォンで音楽を聴きながらやっていたからです。大量のコピー(全部英語)をその後読むことを考えると、「コピーデー」は、むしろ彼にとって、好きな音楽を一日中聴いていられる、貴重な息抜きの時間でもあったように思います。私にとって、合理的な彼の考えと、飄々とした彼の姿とが重なる、そういうエピソードです。